乳首色

MENU

産後の乳首の色を元に戻す方法

産後の乳首の黒ずみでもあきらめる必要はありません。

 

2人目、3人目の後であっても
元に乳首の色を元に戻している方は多い
んです。

 

  • 妊娠による女性ホルモンの変化
  • 授乳中の乳首への刺激

で発生したメラニン色素はケアする事が可能です。

乳首をピンクに戻す為には?

 

食事や生活、下着などでは
なかなか難しいのが現実です。

 

早く色をピンクに戻す為には
刺激のない美白が大切になります。

 

  • 日本製で医薬部外品
  • デリケートゾーンにも使用できる
  • 信頼の証である長期返金保証付き

の乳首の色をケアする専用グッズを知っておきましょう。

 

中でも
口コミ総選挙やモンドセレクション受賞でも有名なのが
以下の2つになります。

 

いずれも満足度調査で90%以上の黒ずみ専用の商品になります。

薬用ホワイトラグジュアリープレミアム

>>>http://whiteluxurypremium.com/

 

ミュゼ・プラチナムでも販売中「ピューレパール」

http://pule-p.com/限定キャンペーン

 

 

 

 

 

 

<乳首色を元に戻す概要>
産後に乳首が黒っぽくなる原因として、女性ホルモンのバランスの変化です。女性の体が赤ちゃんを出産するための準備のために女性ホルモンのバランスが変化します。その結果、メラニン色素が活発に生成されるため、産後は乳首の色が変わっていきます。赤ちゃんの数値からは意外に強いため、このおっぱいを吸う力から乳首を守るために変化します。
元に戻す方法は、授乳を終えることです。授乳を終える頃には、徐々に元の状態へと戻っていきます。女性ホルモンのバランスが変化したことに加え、メラニン色素が減っていくことも関係しています。ただし、個人差があります。授乳後しばらくすると元の状態にもどる人もいれば、変化のない人もいます。
元に戻す方法としては、美容整形によるものとクリームを使ったものがあります。美容整形では、トレチノインとハイドロキノンの2種類の塗薬を使って、メラニンを脱色していきます。専門医の指導のもとで行うため、安全性は比較的高いと言えますが、値段も高いです。ただし、どちらも永久にそのままを保つことはできません。塗薬は、通販などで個人購入することも可能ですが、使い方を間違えたり、肌に合わない場合は、取り返しのつかないことになるため、利用する場合には、一度医師に相談する必要があります。
また、市販や通販で脱色クリームが販売されています。利用者も多いですが、肌に合わない場合は、黒ずみが解消されずに、シミや皮膚の炎症などを引き起こすこともあります。また、効果が高すぎて、周りの皮膚までまだらに白くなることがあります。間違った利用方法により引き起こされることも多いため、使用する際には、十分に注意が必要になります。同じ美白化粧品であっても、顔などに使うものを乳首に塗るのは避けます。体の中でも繊細な部分のため、美白化粧品の刺激により、メラノサイトを刺激してしまい、さらに黒ずみを起こしたり、肌荒れを引き起こすことになります。授乳時は、使用できないものがほとんどです。
他にも、肌ケア品を使った方法があります。フェイスケアと同じように乳首を優しくケアしていきます。じっくりと時間をかけて行うことになるため、レーザー療法のように即効性は期待できませんが、肌に優しく簡単にできます。石鹸を使ったケアが多いです。専用の石鹸を泡立てて、泡パックする方法です。指定された時間パックを行います。人によっては、1ヶ月たたずに効果が見えてくることがあります。"

 
更新履歴